TOP

新人、サバゲーに参戦する

スタッフブログをご覧の皆さま、はじめまして!笑顔弾ける新人プランナーこと、『SSR』です!

新人っていつまで「新人」って言えるんですかね? そんな疑問を抱えつつ!

今回はそんな初心者だらけの新人たちが、社内ベテランサバゲーマーの方々に紛れつつ全力でサバゲーを楽しんできた様子を紹介しますよ!

■新人、初めての入場!

何を隠そう、xeenには色々な部がありまして、サバゲー部はその中の一つなんです。

今回は、そのサバゲー部でフィールド1つを貸し切っての社内イベントです!

僕自身は、この会社に入ってからすでに1度参加させてもらったりしたんですが、フィールドが変わるとガラッと雰囲気も変わるものなんですね。

今回は大阪府 泉佐野市にある『OPERATION』というフィールドで開催されました。

そんな『OPERATION』には、サバゲー初心者の新人たちのテンションを、ゲーム前から高めてくる要素がたくさん!

セーフエリアっていう、いわゆる休憩所があるんですが、そこが、兵士たちが集まるベースキャンプみたいにカッコよく作られてて机とかも、急ぎでこしらえたようなパイプ製だったり、いたるところにポスターが貼ってあったり、そのポスターに紛れてフィールドの地図があったり!

それは新人一同、気分も乗ってきちゃうわけですよ!

「わ、俺今兵士だ!」ってなるわけですよ!

FPSの主人公みたいだねー!!

なんて、ゲームも始めてないのに謎の盛り上がりを見せている横で、ベテラン組の皆さんがテキパキと準備を始めていまして...。

バッグの中から色んな銃がゴロゴロ出てきて...、粗雑な作りのテーブルの上に、見る間に銃が並べられていくんですよ!

「うわ、すっごい兵士! いや武器商人?すごいすごい!!」

って、自分の準備そっちのけでまたも盛り上がる新人一同。

今思えば、この時は無駄に元気が有り余ってましたね。

image0701_01.jpg

            △ セーフエリアの作り込みにご満悦な新人一同

■新人、初めての開戦

初心者の僕たちは自分の装備なんて持ってるわけないので、銃はレンタルさせてもらいました。

その際にもまた異様なほど盛り上がってたんですが、それは割愛です。

フィールド内の視察もして、銃のうち方も教わり、ようやくゲーム開始です!

「うおおおおお!!」と気合を入れて走ってみたはいいものの...。

.........めちゃくちゃ怖いんですよね、戦場。

いつどこから撃たれるのかわからない緊張感とか、静かな中に急に聞こえる発砲音とか。

もちろんBB弾なので、当たっても「痛っ!」程度なのはわかってるはずなんですけど、体はすくむし、呼吸は乱れるしで、なかなか前に出れず...。

ひたすら障害物の陰で、はぁはぁ言ってったら突然体に衝撃があって、いつの間にかやられちゃってた、みたいなパターンが多かったです...。

セーフエリアに帰ってきた一同に話したら、同じようなこと言ってる仲間がいて安心してました。

でも初心者が勝利を得るのは難しい...という現実を突き付けられた気もしてましたね...。

でもそれは『殲滅戦』でのお話です!

初参加の際には知らなかったんですが、サバゲーにもルールが何種類かありまして。

相手全員を倒す『殲滅戦』とか、相手の陣地を奪取する『フラッグ戦』とか色々...。

今回はその『フラッグ戦』で我らが新人、『ロリ婆スキー』さんが場を沸かせてくれました!

(名前は自己申告でもらってますよ。念のため...。)

『フラッグ戦』は、相手陣地にある、無線機を奪取すれば勝利というルール。

無線機奪取の機会を得るために、激しい銃撃戦が繰り広げられます。

image0701_02.jpg

   △ 大活躍の新人ロリ婆スキーさん

僕は、その銃撃戦に巻き込まれ、あっという間に銃弾をもらって退場したんですが...。

撃たれた腕をさすりながら観戦用のキャットウォークまでオロオロと歩いていたら、近くの物陰から突然新人ロリ婆スキーが目の前に登場!

あまりにびっくりしたので、声をあげそうになりましたが、彼が「しー!」の合図をしながら、コソコソとどこかに行ってしまうのを、黙ってその場で見送っていました。

彼はそのまま人気のない物陰をするりするり。

なんと無線機を手に取り、勝利を宣言したのです!!

さすが我らがロリ婆スキー!!

そのときの体験を彼はこう語ってくれています。

ロリ婆スキー:「小柄な体型を活かしてスニーキングして、 誰にも会わずにフラッグゲットできたのがうれしかった!」

なるほど!!

しかしそれで全力を出しきったのか、その後の彼は体調不良のため車の中でずっと寝ていました。

彼はその時の様子をこう語ってくれています。

ロリ婆スキー:「体調不良でダウンしてしまい悲しかった...。」

なるほど!!

image0701_03.jpg

  △ 颯爽と動くベテランの皆さん            △とりあえずはしゃぐ新人

■新人、初めての終戦

さてさて、楽しい時間はすぐに過ぎてしまいいつの間にか帰る時間になるわけですが...。

体が重てぇ...!!

腕や足がまさしく棒の様になってました。

数キロある銃を持ちながら、常にあたりを警戒して精神をすり減らし、撃たれないように中腰で移動。

そりゃ、そうなりますよね...。

帰るころには、精神と肉体への負担が一斉に体にのしかかってきてました。

でも、本当に楽しかったです!

普段できない体験をいっぱいさせていただきました!

次回も参加します!!

と、話す僕の顔はおそらく、丸一日の疲れをたたえた真顔だったと思います。

image0701_04.jpg

■新人コメント

最後に、今回のサバゲーに参加した新人一同のコメントを紹介したいと思います。

マスクさん:「後半につれての新人のぐったり具合が...。あと、筋肉痛で階段が地獄です!!ゲーム中、ビビって後ろにいるのもたのしかったけど死を覚悟して突撃した方が楽しかったです。」

辛子ニコフさん:「同じく筋肉痛になりました。ずいぶん回復しましたがまだ腕に残ってます。年でしょうか・・・ 自分の憧れていた銃(P90)を持って、実際に撃てたことに感動したのでまた参加したいです。皆さんも是非参加しましょう!」

きしもんさん:「毎回特定の敵と出くわしたのが面白かったです。思考パターンが同じなんですかね?あと、初めての人は、ベテランさんに引っ付いて行動すると、上達が早いです。FPSの5倍くらいの体力を使うので、食べ物飲み物は必須です。」

とのことです!

サバゲー本当に楽しいです!初心者新人一同もバッチリ楽しめました!!

さて、そんなxeenサバゲー部は精力的に活動中!近々次のゲームの予定もあるそうなので僕もぜひ参加したいです!

今回は、新人プランナーSSRが書かせていただきました!ありがとうございました!!

■ギャラリー

image0701_05.jpg

image0701_06.jpg

月別記事一覧