TOP

第9回UE4勉強会 in 大阪

初めまして、新人プランナーのきあぬです。
2ヵ月に1回、弊社で主催しているUE4勉強会in大阪の第9回についての記事です。
前回の記事はこちらから。

恒例になっている準備中の写真です。
今回からプロジェクターが新しくなったようです!!

img20181127_01.jpg

今回の内容は以下の通りでした。
・com04様 「Volumetric Fogで空間を演出する!」
・ゅろ様  「いきあたりばったりのゲーム制作」
・正木源一郎、junjun様「アーティストだけでぷちコン!Veloce制作事例」
・Shiotani様「CascadeのエフェクトをNiagaraで作成してみよう」

Volumetric Fogで空間を演出する!では、フォグの基本的な説明や通常のフォグとの違い、そして処理負荷等の解説をして頂きました。

ゲーム内の空気感や距離感を演出するには、かなり重要な表現の一つですね!

img20181127_02.jpg

いきあたりばったりのゲーム制作では、ぷちコンで制作したゲームをどのような過程で進めていったかの発表をして頂きました。

ローカルマルチプレイのゲームを考えたものの、残り3日間でゲームシステムを実装しないといけない等、かなり忙しい制作だったようです。
因みにタイトルの「カメラから離れるな」は、話題となっていた映画のタイトルを参考にしたとのことです!

img20181127_03.jpg

アーティストだけでぷちコン!Veloce制作事例では、1ヵ月という短い期間でいかにしてゲームを完成させたかという話をして頂きました。

アーティストのみでの制作ということで、デザイナーの強みを活かした没入感の高いゲームを作ることを目標としたようです!

img20181127_04.jpg

CascadeのエフェクトをNiagaraで作成してみよう!では、ナイアガラの使い方からカスケードの違いについて解説して頂きました。
前回登壇時もナイアガラについて解説されているので、合わせて読むと理解が深まりそうです。

img20181127_05.jpg

今回の発表資料も告知ページに上がっています。
第9回UE4勉強会 in 大阪

発表の後は、懇親会です。
img20181127_06.jpg
参加者や登壇者の間で情報の共有ができるので、良い機会になったのではないかと思います。
次回開催は、来年1月の予定となっています!

告知ページ公開後、満席になるのが早いので登録はお早めに!

月別記事一覧