TOP

第11回UE4勉強会

今月もやってきました!UE4勉強会!

あらためましてどうも、ひらよしでございます。

前回の記事はこちら

前回で10回を迎えた勉強会、11回目以降も張り切って行きます。

準備中~準備完了~人が集まり始める

1.jpg2.jpg3.jpg

そして今回、なんとEGJ(Epic Games Japan)様に登壇していただきました!

始まる前から講演内容にドキドキ・ワクワクしていました。

あ、ついでなんですが私ひらよしもささやかながら今回登壇させていただきました。

そんな気になる登壇内容は以下の通りです

呂 様、上田 様
5本の指でツイスターゲーム!『指念遊戯 マジックホルダーズ』制作事例

com04 様
ぷちコンのススメ・マテリアルの注意すべきこと!

平良
SceneCapture2Dを使って壁の向こうを見る

アクセル 様
非同期ロード画面


5本の指でツイスターゲーム!『指念遊戯 マジックホルダーズ』制作事例では卒業制作で開発したゲームを学生目線で大変だったことなどを交えてUE4をどのように使用し、どのように開発したかといった内容でした。

4.jpg


ぷちコンのススメ・マテリアルの注意すべきこと!ではUE4を練習するためのイベントぷちコンに参加するとどんないいことがあるのか

マテリアルを使用する際に、意図せぬデータがメモリに乗ってしまう可能性があるのでその調査の結果を教えてくださるといった内容でした。

7.jpg9.jpg


SceneCapture2Dを使って壁の向こうを見るでは、UE4の機能SceneCapture2Dを使用して、傑作ゲームである"portal"を再現しようという内容でした。

登壇内容の写真は特等席からご案内します。

10.jpg


非同期ロード画面では、ゲーム中のロード画面中にヒッチ(一瞬画面が止まってしまう事)が極力起きないような、ロード画面を「ActionRPG」の例をなぞって、作り方を紹介していただける内容でした。

11.jpg


どれもとてもおもしろい内容になっており(自分のも含めて!)資料を見るだけでもとてもおもしろいかと思います。

資料はこちらに上がっています!

一通りの公演が終わった後は少し時間が余ったので、com4様が公演していたぷちコンのゲームを短期間で作る、大阪でもぷちコンゲームジャム

の紹介をalwei様にしていただきました。

ノートPCを持っていない方でも貸出していただけるみたいなので興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

公演と紹介が終わり残すは懇親会

今回登壇した内容が面白かったといろんな方に言ってもらえてとても嬉しかったです。

なんですがっ!!!!ひらよしやらかしてしまいました。懇親会の写真を撮り忘れてしまったのです・・・

なので雰囲気だけでもと二次会に参加したときの写真で許してください・・・

14.jpg

さてさて、次回についてですが、開催は未定です。(おそらく5月~6月くらい)

結構な速さで席が満席になってしまうので、connpassのチェックを忘れずに!

以上、ひらよしでした。

月別記事一覧